感情と筋肉のコリ

いつも怒っていませんか?

 

怒りっぽい人は、つねに交感神経が働いて緊張状態になり、興奮系ホルモンの分泌が多くなります。

 

そのため、高血圧、高血糖、消化管の働きも悪くなり、心臓にもダメージがあるなど、健康を損ねることになります。

 

ですが、逆にいつも感情を抑えている人も危険です。

 

感情の抑圧も怒りっぽい人と同じで、交感神経が緊張し、興奮系ホルモンの分泌が多くなり、同じような病気になりやすくなります。

 

興奮や抑圧が強いと、筋緊張がおき、肩コリなどが生じます。

 

長年、そのような状態を続けていると、60歳を過ぎてからパーキンソン病などを発症する危険も高くなってしまいます。

 

健康のために、いつも気持ちをゆったりとおおらかに保ち、筋肉のコリを解消しましょう。