慢性頭痛

頭痛の中でも、脳出血や脳腫瘍など、何らかの病気の症状として起こる頭痛は命にかかわるような疾患が原因の二次性頭痛は、すぐに病院を受診しないといけませんが、ほかに原因となる病気がない片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛などの一次性頭痛は整体で改善することができます。

 

一次性頭痛の中でも、一番多いのが緊張型頭痛、次に片頭痛です。

 

『緊張型頭痛』は、時々頭痛がする反復性緊張型頭痛と、毎日のように頭痛が続く慢性緊張型頭痛があり、頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが30分~7日間続きます。

 

肩や首の強いコリ、めまい、ふらつき、全身の怠さ、吐き気(実際に吐くことはない)などが伴うこともあります。

 

運動不足、無理な姿勢や過度な緊張、身体的ストレス、精神的ストレスなどによっても起こります。

 

身体的ストレスは、たとえば上半身を前かがみにして作業するパソコンの操作や、うつむく姿勢、車の運転、就寝時の合わない枕など、不自然な姿勢を長い間続けることや、体の冷えなどがあります。

 

そのような状態が続くことで、首筋から肩にかけての筋肉が収縮してこった状態となり、頭痛を誘発します。

 

筋肉の緊張が高まると、筋肉内の血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまり、それが周囲の神経を刺激して、締めつけられるような痛みを起こします。

 

また、家庭や仕事でのトラブル、うまくいかないなどの精神的ストレスは、筋肉の緊張がなくても頭痛を引き起こすことがあります。

 

神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている痛みをコントロールする機能がきちんと働かなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまいます。

 

『片頭痛』は、ズキンズキンと脈打つような痛みが起こる頭痛で、頭の中で血管が拡がり、拍動に合わせて周囲の神経に刺激が伝わることによって起こります。

 

何らかの原因で脳の太い血管が拡張すると、その周囲を取り巻いている頭の中で一番大きな神経である三叉神経が圧迫されます。

 

刺激を受けた三叉神経からは神経ペプチドとよばれる痛みの原因となる物質が放出され、血管の周りに炎症が起こり、さらに血管が拡張し、ますます周りの三叉神経が刺激されます。

 

この刺激が大脳に伝わり、痛みとして認識されることによって、頭痛が起こります。

 

三叉神経からの情報が大脳に伝わる途中で視覚や聴覚、嗅覚を司る中枢(後頭葉、側頭葉)や、吐き気をコントロールする嘔吐中枢にも

刺激が伝わるため、それによって、光や音、においに敏感になったり、吐き気や嘔吐といった症状があらわれます。

 

また、血管が拡張する原因のひとつにセロトニンの過剰な放出が考えられ、過度のストレスにより脳が刺激を受けると、血小板から血管を収縮させる作用をもつセロトニンが大量に放出され、脳の血管が収縮し、時間の経過とともにセロトニンが分解、排泄されて減少すると、収縮していた血管が今度は反動で急激に拡がり、頭痛が起こります。

 

家事や仕事に集中している時やストレスを感じている時など、無意識のうちに歯ぎしり・食いしばり・噛みしめをしています。

 

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめは、『緊張型頭痛』を誘発する首筋から肩にかけての筋肉のコリを発生させるだけでなく、咀嚼筋のコリによって三叉神経を刺激して『片頭痛』の誘因ともなります。

 

頭痛が長引くと刺激がさらに刺激を呼ぶといった悪循環に陥ってしまうので、痛みが軽いうちに、早めに対処することが大切です。

 

緊張型頭痛や片頭痛など、慢性頭痛でお悩みの方は当院まで一度ご来院ください。