免疫力を上げるメリット

免疫力とは体内に入ったウイルスや細菌、異物などから自分自身の体を守る力であり、人間が本来もっている自らを治す力のことです。

 

私たちは、常に細菌やウイルスなどの病原体に囲まれて過ごしています。

 

病原体が体内に侵入しても、すばやく反応して攻撃をしかけるのが、免疫細胞です。

 

この働きが高ければ、病原体を発病する前に撃退することができるので、風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなります。

 

免疫系の主役である血液の中にある白血球やリンパ球の働きが良くなると、血行が改善し、肩こりや冷えが解消され、高血圧などの治療にも役立ちます。

 

また、私たちの身体はおよそ60兆個の細胞で構成され、日々分裂を繰り返していますが、その際にコピーエラーが生じ、出来損ないの細胞が生まれるのがガン細胞です。

 

つまりは自分の正常細胞がガン化するのです。

 

体内では一日におよそ5000個のガン細胞が作られています。

 

体内を巡ってこのガン細胞を発見し、攻撃して退治するのも免疫細胞の大切な役割です。

 

免疫力を上げることはガン細胞の増殖を防ぐこともになります。

 

花粉症やアレルギーも、免疫細胞が正常に働かず、過剰に反応することで起こりますが、免疫力を上げ、正常に保つことで、花粉症などの症状の緩和、予防が期待できます。

 

肌にも免疫機能が備わっており、紫外線など外部からの刺激やストレスなどの内部から起こる肌トラブルからも皮膚を守ってくれています。

 

ですから、肌の免疫力を高めれば、健康的で若々しい肌を保つことにも繋がります。

 

このように、免疫力を上げることは、健康につながります。

 

免疫力を高めるには、身体を温める、良い睡眠をとる、ストレスを発散することが効果的です。