春バテ(自律神経の乱れ)

頭痛、めまい、肩こり、イライラ、気分の落ち込み、倦怠感、手足の冷え、目覚めが悪い、日中の眠気、夜眠れない、食欲がない など 

 

新生活やGWの疲れが出る頃ですし、気温の急激な変化で体調を崩される方が多くいらっしゃいます。

 

寒暖差疲労とも呼ばれる『春バテ』

 

一年の中でも、寒暖差が特に激しいのが春です。

 

一日の中でも朝晩の気温差が大きい上に、昨日は寒かったのに今日は暑いなんていうように、日々の寒暖差もあります。

 

 

寒暖差があると何故体調を崩す方が多くなるのか?

 

実は、寒暖差は、自律神経の働きと切っても切れない関係にあります。

 

 

自律神経は、寒い時は身体が熱をつくりだしたり、血管を収縮させたりして体温を上げようとし、暑い時は身体は汗をかいたり、血管を拡張させたりして熱を逃がして体温を発散させる、体温調節の役割を担っています。

 

気温の差が激しいと、自律神経は目まぐるしく変化する状況に対応するために働き続けることになり、その結果、エネルギーを大量に消費し、自律神経が疲れて働きが悪くなります。

 

また、春の新しい環境や人間関係によって緊張したりすると、無意識のうちに身体に力が入り、筋肉のコリや交感神経が優位になりやすいので、血のめぐりが悪化し、疲れがたまってしまいます。

 

寒暖差と春特有の環境の変化によるストレスなどが原因で自律神経が乱れ、同時に免疫力も低下します。

 

 

春バテの対策としては、冷えを感じたらすぐに身体を温めることが大切ですので、薄着や厚着を着分けて温度調節をこまめにしましょう。

 

全身を温めることができる入浴は冷えの予防や改善に役立ちます。

 

また、冷たい飲み物はなるべく避け、温かい飲み物をとるように習慣づけましょう。

食材にも身体を温めるものと冷やすものがあるので、温性の食材を積極的にとることもお勧め。

 

症状によって、服薬によって症状を抑える方も多いですが、薬を飲み続けることはデメリットがありますので、生活習慣を整えて食生活や睡眠をしっかりととり、適度の運動やストレス発散をすることも必要です。

 

 

春バテだなと感じたら、無理を続ける前に早めに休息して、疲れ(コリ)をほぐし、自律神経を整えましょう。