オリジナルマウスピース

咬合学を応用して開発したマウスピース『バイトバランサー』

顎咬合学会会長が主宰する国際デンタルアカデミーを首席で卒業、日本人初のオーラルデザインのメンバーとなった現役歯科技工士でもある院長が咬合学を応用して開発したマウスピースです。

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ癖による悪影響を防止し、顎関節症や頭痛、首の痛みを改善するなど、さまざまな効果があるマウスピースです。

【ご使用されている方からいただいた声】
  • 歯科医院で製作したマウスピースでは治らなかった顎関節症が改善した
  • 頭痛、首の痛み、肩こり、背中の痛みが改善した
  • 顎のずれ、顔のゆがみ、頭の形が改善してきた
  • 耳の閉塞感がなくなった
  • 顔のこわばりがなくなった
  • 良く眠れるようになった
  • 目の下のクマが薄くなった
  • 食事中に歯がキュッキュッとすべって音がする不快な状態がなくなった
  • 虫歯ではないのに歯が痛かったのが治った
  • 滑舌が良くなった
  • 発声が良くなった
  • 呼吸がしやすくなった など

※表情筋等のコリをほぐし、頭蓋骨のゆがみ、顎のずれを整えた状態で歯型採取をすることで、歯型の精度を上げ、より効果的なマウスピースを製作することができますので、施術を同時に受けていただくことをお勧めします。 

歯ぎしり(食いしばり)防止マウスピース
バイトバランサー装着前
バイトバランサー装着前
バイトバランサー装着
バイトバランサー装着時

バイトバランサーは歯ぎしり・食いしばり・噛みしめによる悪影響を防止し、装着するだけで顎関節部の動きを左右対称にし、顎を正しい位置に誘導、頭蓋骨や上部頸椎も整うので、顎関節症や頭痛、首の痛み、首肩こりなどの症状を改善するなどの効果があります。

 

装着時は顔や頭、顎の筋肉がリラックスしたニュートラルな状態になるので、バランスを崩した筋肉に引っ張られてゆがんでいた顔面骨や頭蓋骨が自然に整っていきます。

 

また、睡眠中は顎が後ろに下がり、奥歯が接触しやすくなり、気導が狭くなるので、呼吸がしにくくなり、睡眠が浅くなったり、食いしばりがおきやすくなりますが、バイトバランサーを装着することで、奥歯も接触しないので呼吸がしやすくなり、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめを防止し、良い睡眠がとれるようになります。 

 

咬合、頭蓋骨、頚椎などの骨格を考察し、正しい顎の位置を導きだし、一人一人に合わせて製作します。

 

上下の前歯4本に装着(歯並びや噛み合わせなどにより装着本数は異なる場合があります)するだけのマウスピースなので、一般的なマウスピースよりも異物感や負担がかなり少なく、装着しやすいものになっていて、使用する材料もすべて歯科医院でも使用しているものですので安心してお使いいただけます。

 

※製作対象は中学生以上

※歯型採取は上下前歯のみ(奥歯までの採取はいたしません)、型材は粘土状