歯科医院で製作するマウスピースとの比較

顎関節症改善や噛みしめ防止用に歯科医院で製作されるマウスピースとバイトバランサーの違いを比較してみます。

歯科医院の一般的なマウスピース
歯科医院の一般的なマウスピース
改善マウスピース・バイトバランサー
当院オリジナルマウスピース『バイトバランサー』

下の画像は顎(顎関節)がずれている状態の頭蓋骨の模型です。

ずれていることがわりやすいように顎関節部に黒い印をつけました。

顎関節がずれている状態の模型
顎関節がずれている状態の模型
顎関節部を拡大した画像
顎関節部を拡大した画像

顎のずれた模型に、歯科医院で製作したマウスピースを装着します。 

歯科医院で製作したマウスピース
歯科医院で製作したマウスピースを上顎に装着
顎関節部を拡大した画像
顎関節部を拡大した画像

上の画像を見てもらうとわかるように、歯科医院で製作したマウスピースを装着しても顎関節のずれは改善されていません。

 

歯科医院や口腔外科で製作したマウスピースのほとんどは、噛みしめる時の顎関節にかかる負荷を和らげる効果があるだけで、顎関節のずれを改善する効果はありません。

次は、同じ模型にバイトバランサーを前歯の上下4本に装着してみます。 

上下の前歯4本にバイトバランサーを装着
上下の前歯4本にバイトバランサーを装着
顎関節部を拡大した画像
顎関節部を拡大した画像

画像では見えにくいのですが、上下のそれぞれ前歯4本にバイトバランス整体院オリジナルマウスピース「バイトバランサー」を装着しています。

 

顎関節のずれが改善されて、正常な位置に戻っています。

 

顎関節のずれが整うことで、顎の位置も頭や身体にとって最もバランスの良い位置(正しい位置)に誘導されます。

 

歯科医院のマウスピースで顎関節症が改善されなかった方でも、バイトバランス整体院オリジナルマウスピース『バイトバランサー』で顎関節症の改善をした方が多数いらっしゃいます。一度お試しください。