耳鳴りでお悩みの方

耳鳴りのなかには重篤な病気が隠れていて、迅速な対応が必要とされることもありますが、病院で調べてもはっきりとした原因が特定されずに発生していることも多くあります。

耳鳴りは原因がはっきりしないことが多く、現在の医学では耳鳴りを完全に治す特効薬がないため、病院にかかっても対症療法や症状を和らげるだけになってしまうことが多いのです。

 

耳は側頭骨に存在しているので、顎関節の影響を受けやすく、顎関節がずれると側頭骨が歪み、側頭骨が歪んで内部の空洞にある『蝸牛』という聴覚を司る感覚器官に狂いが生じ、耳鳴りの原因となります。

 

顎関節のずれがあると口を開け閉めする際に関節が滑らかに動かず、噛んだ時の振動などの刺激がすぐ近くにある中耳や内耳へと伝わって耳鳴りを生じます。

バイトバランス整体院では首や肩などのコリをほぐし、骨格バランスを整え、血行を正常にし、自律神経を整えるだけでなく、顎周辺の筋肉のコリや顎関節のずれや頭蓋骨のゆがみにもアプローチをしていきます。

 

原因がよくわからない耳鳴りが、顎のずれや頭蓋骨のゆがみなどを改善しただけで、解消されることも少なくありません。

 

また、顎周辺の筋肉(頭や首)に寝ながらにしてコリを発生させ、頭蓋骨や頸椎のゆがみの原因となる、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめの癖は、当院のオリジナルマウスピース『バイトバランサー」を使用することで、防ぐことができます。

耳鳴りの原因

耳鳴りの原因はさまざまあります。

加齢

耳の奥にある「蝸牛」と呼ばれる器官の有毛細胞の働きが、年を重ねるごとに衰えたり、壊れたりすることでおきます。

難聴(老人性難聴)を伴うこともありますが、早期ではほとんど自覚がないため、気づきにくい場合も多々あります。

体の老化、年齢とともに、聴力の低下にともなって、耳鳴りが聞こえてくるようになります。

高齢化によって聞こえる耳鳴りは、主に”キーン”というもので、聴力の低下によって、今まで聞こえなかった周波数の音が耳鳴りを引き起こします。 

耳鳴りを引き起こす病気

中耳炎・外耳炎・内耳炎・鼓膜炎で耳鳴りが発生する場合もあります。

 

これらの耳の病気は病態がハッキリしているため、耳鼻科での診察や判断もしやすいようです。

耳の病気があるなら、この病状が治癒に向かうと同時に、耳鳴りも消失します。

何かしらの病気で耳鳴りが発生していることもあるので、耳鳴りを感じておかしいと思ったら、病気が無いかどうかだけでも、診察してもらうことは大切でしょう。

 

耳鳴りと同時にめまいを伴う「メニエール病」、突然、片方の耳が聞こえなくなる「突発性難聴」など、いずれの病気も進行すれば、治療が困難になります。

また、高血圧や糖尿病なども、内耳の働きを低下させるため、耳鳴りが生じることがあります。

自律神経失調症においては、耳鳴りのほかにも、めまいや動悸などの症状が現れることがあります。

食事などの生活習慣やストレス

病院で検査しても異常が見られないという場合、煙や飲酒が多い人、コーヒーや油脂類、加工食品を摂取することの多い人などは注意が必要です。

 

また、耳鳴り・難聴の原因のひとつにストレスがあります。

ストレスはホルモンバランスを崩し、内耳のリンパ液がたまりむくんだ状態になります。

内耳がむくむと耳の中が圧迫されて低音の耳鳴りがするようになり、音が聞こえにくくなってしまいます。

音が聞こえにくくなると、自律神経がそれを補おうと活発に働いて異常な信号を出し始めます。それが耳鳴りとして聞こえます。

耳鳴り、難聴がある方は、自律神経が狂い始めている場合が多くあります。 

筋肉のコリで発生する血行不良

耳鳴りでお悩みの方は、歯ぎしりや噛みしめ癖、顎関節のずれ、顎、首、肩、背中の筋肉のコリやゆがみがある場合が多いです。

重心のバランスをとる顎(顎関節)がずれると、頸椎や頭蓋骨がゆがみ、ゆがみは全身に波及します。

 

骨格がゆがめば筋肉がうまく動かず、血管を圧迫します。

ゆがみが限界に達すると体の各器官の機能が低下し、器官の機能が低下すると、その人の体の弱い部分に症状がでます。

耳周辺の機能がもともと弱い方は、めまいや耳鳴りなどの症状が発生します。