頭痛でお悩みの方

頭痛、めまい、耳鳴り

頭痛は、風邪、副鼻腔炎、眼科疾患、こういった病気が原因で起こる事もありますが、頭痛の90%が、これと言った原因や問題がない一次性頭痛になります。

 

薬を飲めば一時は楽になりますが、飲み続けることで、身体は別の問題を作りだし、悪循環になるだけです。

 

本来、人間には『自らを治す力』(免疫力・自然治癒力)が備わっているのですが、痛み止めの薬に限らず、摂取する医薬品の弊害リスクは免疫力・自然治癒力が下がる大きな原因になります。

 

痛み止めの薬は、痛みの伝達を阻害して痛みを感じなくさせているだけの対症療法にすぎません。

 

痛み止めに頼らないでいられるように体をしっかりと整えていくことが大切です。 

 

頭痛でお悩みの方は、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ、顎関節や側頭骨のずれ、頭・顔・首・首・肩・背中の筋肉にコリがある場合が多くみられます。

 

頭蓋骨と下顎は咀嚼筋によって連結されているため、締め付けられるような頭痛は、顎を動かしている咀嚼筋という筋肉の緊張が原因で起こります。

 

緊張している時には噛みしめていることが多く、緊張状態が長く続きます。

 

また、重心のバランスをとる顎(顎関節)がずれていると、頸椎や頭蓋骨がゆがみます。

 

顎のずれや緊張から頭の血液や脳脊髄液といった液体が、頭から体にスムーズに行かないと、頭が重い感じがする症状がでる場合があります。

 

頭痛を起こす人の多くは、頭部まで血液を運ぶ血管が骨のゆがみなどで邪魔されています。

 

首(頸椎)に問題があると、頭部まで十分に血流が届かず、頭痛が起こりやすくなります。

 

また、ストレスはホルモンバランスを崩し、脳を緊張させ自律神経の働きを乱れさせます。

バイトバランス整体院では、首や肩などのコリをほぐすだけでなく、顎周辺の筋肉のコリもしっかりとほぐし、顎(顎関節)のずれ、頸椎、頭蓋骨のゆがみにもアプローチをしていきますので、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛など、一次性頭痛に効果があります。

 

また、顎のずれや周辺の筋肉(頭や首)に寝ながらにしてコリを発生させてしまい、ゆがみの原因となる、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ癖のある方には、悪影響を防止できるオリジナルマウスピース『バイトバランサー」を就寝時などに使用することをお勧めします。

頭痛の種類

一次性頭痛は、大きく分けて『片頭痛』『緊張型頭痛』『群発頭痛』の3つあります。 

片頭痛

  • ズキンズキンと脈を打つような痛み(拍動性)
  • 週に2回から月に1回程度起こる
  • 頭の片側が痛む。(両側の場合もある)
  • 吐き気や嘔吐を伴うことがある
  • 前兆として、ギザギザした光が見えたり(閃輝暗転)、視野の半分が見えにくくなる、生あくび、肩こり、首すじのはりがあることがある
  • 身体を動かすと痛みが強くなる
  • 時々寝込むほどに痛むことがある

<原因>

  • 脳の血管が拡張することで、周囲の三叉神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して片頭痛を発症します。
  • 睡眠不足など生活リズムの乱れ
  • 緊張状態から開放されてホッとしたとき
  • 雑踏や人ごみでの刺激(光や音、におい)
  • 熱いお風呂、サウナ
  • 月経(女性ホルモンの影響)
  • アルコールや特定の食品
  • 休日の寝すぎ(過度のリラックス)など

緊張型頭痛

  • 頭の両側をギューッと締め付けられるような痛み、圧迫感、重苦しい鈍痛
  • いつからともなくはじまりダラダラ続く
  • 頭の両側か頭全体の後頭部が痛む
  • 吐き気はあっても実際に吐くことはない
  • 首や肩のコリやふわふわしためまいを伴うことがある
  • 気分転換に身体を動かすと少し楽になる

<原因>

筋肉が緊張することから痛みが起きます。

  • 普段の姿勢の悪さ
  • 首の骨などの骨格・体型の歪み
  • 首や肩のコリ、緊張
  • 目の疲れ、歯の噛み合わせによる顎のずれ
  • ストレスや精神的な緊張 など

群発頭痛

  • ある一定の期間(多くの場合1~2カ月間)、連日しかも夜間、明け方のほぼ一定の時間に起こる
  • 1回起こると連日のように起こる(群発期)
  • 目の奥がえぐられるように痛い、こめかみが強烈に痛い
  • 目の充血、涙目、鼻づまり、鼻水の症状を伴うことがある
  • 動くと痛みが紛れる(痛くてじっとしていられない)
  • 飲酒後40分から1時間ほどたった頃に発生しやすい

 

≪原因≫

群発頭痛の発症のメカニズムは、明らかにされていない点が多いのですが、頭部の血管の拡張がかかわっていると考えられています。

この頭痛は男性に多く、女性の3~7倍とも言われ、特に働き盛りの20~40代の男性に多く見られます。 

  • 飲酒(群発期は、ほぼ百発百中で頭痛が起きるといわれている)
  • 首の筋肉のコリ
  • ふくらはぎがむくんでいる
  • 血行不良
  • 喫煙
  • 気圧の急激な変化 など