自律神経失調症

自律神経失調症とは、主にストレスなどが原因となって、交感神経と副交感神経の切り替えのバランスがうまくいかなくなり、心身に不調が現れる病気で、病院で検査をしても明らかな異常がないのに体の不調がある状態のことです。  

自律神経失調症といわれる様々な症状
  • 運動していないのに心拍数が上がって動悸が起きる、息苦しい
  • 体温調節がうまくできなくなり、火照りや冷えを感じやすくなる
  • だるい、疲労感
  • 多汗あるいは汗が出ない
  • 食欲増加もしくは低下
  • 睡眠障害
  • 立ちくらみ、めまい
  • 血圧異常(低血圧、高血圧)
  • 頭痛、耳鳴り、肩こり、手足のしびれ
  • 情緒不安定、不安、パニック症状
  • 集中力の低下、イライラ など

自律神経失調症と顎関節症

自律神経失調症や鬱の方は、顎関節症であることが多くみられます。

 

それは、顎関節のずれによって頭蓋骨が歪み、それが脳の視床下部にも影響を及ぼしている可能性が考えられます。

 

頭蓋骨や頸椎がゆがむと、脳への血流が低下し、脳にストレスを与え、機能低下を引き起こし、私たちの健康を保つために必要な神経(自律神経)である交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行えなくなります。(自律神経の乱れ)

 

交感神経は、緊急時やストレス時に働いて心身を活性化させる神経で、副交感神経は、睡眠時、休息時などリラックスしている時に働く神経です。

 

交感神経と副交感神経はシーソーの様な関係にあり、どちらか一方が働いているときは、もう一方は休んでいます。 

 

ストレスの多い現代社会では、交感神経を必要もないのに高ぶらせてしまうことで、副交感神経の働きが低下しやすくなり、心身を休め回復させる力が低下した状態が続きます。

 

交感神経が優位になると心身の緊張状態が続くので熟睡もできなくなります。

自律神経が正常ならば、交感神経と副交感神経がうまくバランスをとって働き、心身が健康を維持できます。

  

また、自律神経失調症の方は、首や肩、背中のコリが酷いという方も多く、体の奥の筋肉(深層筋)が非常に固いので、深層筋のコリを改善することも必要です。

 

バイトバランス整体院では、脳の視床下部に影響を及ぼす可能性がある顎関節、頭蓋骨、頸椎のずれを改善し、深層筋のコリを緩めてリンパの流れを良くし、筋肉へ十分な酸素を供給、酸素を全身に運んでいる血液の循環も改善させて自律神経の向上をはかり、自己治癒力を上げていきます。