顎のずれ・顔のゆがみ

顎関節のずれを放置していると顔のゆがみは進行します

『顎関節にずれがある状態』と『顎関節にずれがない状態』で経年すると顔のゆがみはどうなるのか?

下のイラストは、向かって左は顎(顎関節)にずれがない状態で、右は顎(顎関節)が左にずれている状態で、それぞれ経年した顔です。

顎がずれて顔がゆがむ
  • 左目が右より小さく細長い 
  • 左眉が右よりもまっすぐ
  • 鼻が右に曲がる
  • 左頬骨の下がくぼんで目立つ
  • 左耳が右より低い位置にある
  • 左のえらが張っている
  • 左のほうれい線が深くて長い
  • 左の口角が右より下がっている
  • 左半分の顔の面接が右半分の面積よりも大きい
  • 額の広さが左右で違う  など

人体解剖ビジュアル:医学芸術社
人体解剖ビジュアル:医学芸術社

 

顔がゆがむ状態に大きく関わっている骨は顔面骨といい、上顎骨、下顎骨、頬骨、口蓋骨の4つで構成されています。

(左図参照)

 

顎のずれが無い場合

噛んだ時の歯にかかる『力』は左の画像内の矢印が示しているように上顎と下顎に分かれてから左右均等に顎や頭全体に伝達されます。

 

ところが、顎のずれが有る場合、噛んだ時の『力』が左右不均等に顎や頭全体に伝達されてしまいます。

 

例えば、顎が左にずれていて、左で強く噛む癖のある方の場合、噛んだ時の力が左画像のオレンジ色の矢印の大きさのように左右で差が出てしまいます。

 

頭蓋骨は23個の骨がパズルのように複数組み合わさっているので、1つの骨にゆがむ力がかかると隣の骨も位置を変えていきます。

 

左画像の矢印のように上顎骨 → 頬骨 → 側頭骨といった流れ(逆の場合もあります)で順次位置を移動していき、ゆがみが頭蓋骨全体に波及します。(頭蓋骨から頸椎、胸椎、腰椎など全身にゆがみが波及)

このように、顔の中心(正中)に対して左右で力のかかる強さが違うと、時間とともに頭蓋骨全体がゆがみ、それに伴い、顎周辺・顔面の筋肉バランスも崩れていき、顔がゆがんでいきます。

 

顎のずれを放置していたら、年々ゆがみは増す一方です。

 

頭蓋骨のゆがみや顎関節部の状態を回復させ、顎周辺や顔の筋肉、骨格のバランスを整えいくと、顎のずれや顔のゆがみは時間の経過とともに改善していきます。

 

ゆがんでいった年数に伴い改善するのには時間もかかりますので、早めの手当が肝心です。

 

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめ癖がある場合は、噛む力が顎がずれる方向に働き、ゆがみを進行させる力が働き続けてしまうので、その力を防止する必要があります。

 

バイトバランサー』は、就寝時の歯ぎしり・食いしばり・噛みしめを防止してゆがみの進行をストップするだけでなく、装着するだけで顎周辺の筋肉がニュートラルになるので、筋肉のコリの左右差によってゆがんでしまった顔や頭蓋骨のゆがみが改善していきます。

 

また、顔のゆがみのある方は、首の痛みや肩こりなど、身体に影響が出ている場合が多く、顎のずれや顔のゆがみを改善させるには、全身のバランスを見る必要があり、顎のずれや顔、頭蓋骨のゆがみなど、矯正した状態が安定して固定するのには3ヶ月以上かかります。

 

施術で整えた顎、頭蓋骨の組織を癖づけて固定させる効果、マウスピースを噛んでストレッチするだけで顎のずれを整える方向に矯正する2つの効果がある整顔マウスピース・ビカム(美噛む)』も製作しております。

顔のゆがみを整えるマウスピース
整顔マウスピース・ビカム(美噛む)
顎がずれている状態の模型
顎がずれている状態の模型
ビカムを装着して整った顎の位置
同模型にビカムを装着したところ

施術で整えた顎の位置を記録し、一人一人の噛み合わせに合わせてビカム(マウスピース)を製作します。

 

施術と合わせてオリジナルマウスピースのご使用することで、顔のゆがみを整える効果を向上させることができます。

 

※バイトバランサーおよびビカムの製作をご希望される方は「マウスピース(バランサー)製作について」のページも合わせてご一読ください。