手や肩、足のしびれ

顎関節のずれや首(頸椎)に問題があります。

手足のしびれは顎関節から改善

例えば、手や肩にしびれや痛み、違和感、手が上がらないといった状態になっている場合、顎関節にずれがおきていて、主に首(頸椎)に問題があります。 

  • 上部頸椎(頭と首の付け根)のコリや歪みがあると、手の親指、人差し指の痺れや痛みが出ます。
  • 中部頸椎のコリや歪みがあると、手の中指の痺れや痛みが出ます。
  • 下部頸椎(首と肩の付け根)のコリや歪みがあると、手の小指の痺れや痛みが出ます。

コリはほぐすことで改善しますが、コリを放置したままでいると、筋肉の中や間を通って体の末端にまで行き渡っている神経が圧迫され続け、やがてしびれや痛み、違和感などに発展します。 

 

手足にしびれや違和感、痛みに発展してしまった状態は、症状の元になっている部分の骨格にゆがみが出てしまっているので、そのゆがみを整えなくては根本から改善はしません。

 

バイトバランス整体院では、深層筋までのコリを取り除き、骨格のゆがみを整えるだけでなく、顎関節のずれを含めた頭蓋骨のゆがみも整えることで、問題を根本から改善します。

 

また、噛みしめや食いしばり、歯ぎしり癖がある場合、ゆがませる力の働きが大きくなってしまい、顎関節のずれや頭蓋骨や頸椎のゆがみの進行を止めることはできませんので、歯ぎしり・食いしばり・噛みしめを防止することも大切です。

 

歯ぎしり・食いしばり・噛みしめをしている方は、当院オリジナルマウスピース『バイトバランサー』を就寝時に使用することをお勧めします。